【ソニー NEX-7 レビュー】iPhoneより小さく使いやすいミラーレスカメラ | カメラウェブ

【ソニー NEX-7 レビュー】iPhoneより小さく使いやすいミラーレスカメラ

ソニー NEX-7 重さ343g

ミラーレスカメラ【ソニー NEX-7】気になるけど、実際のところ使いやすいのかな?って思ったことありませんか。

公式サイトを見ても良いことしか書いていないので、本当のところが気になりますよね。

今回は私が愛用しているミラーレス【ソニー NEX-7】カメラの良いところも悪いところも含めてレビューします。

ちなみに、私がもっているNEX-7はAmazonで買いました。

ぜひ、参考にしてみてください。

ソニー NEX-7 のスペック

本体のスペックは以下のとおり。

製品名 ソニー NEX-7
使用レンズ ソニーEマウントレンズ
撮像素子 APS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)
総画素数 約2470万画素
静止画撮影枚数 ファインダー使用時:約350枚
液晶モニター使用時:約430枚
動画撮影可能時間(記録画素数) ファインダー使用時:約90分
液晶モニター使用時:約100分
(1920×1080 約17Mbps)

意外にもファインダーを覗くよりも液晶モニター見て撮影する方が電池の持ちが良いです。

 

外観

全体的に黒色に統一されていてカッコイイです。

正面

ソニー NEX-7 正面

背面

ソニー NEX-7 背面

上面

ソニー NEX-7 上面

底面

ソニー NEX-7 底面

 

サイズ・重量

横幅は13cmとコンパクト。

私が持っているiPhoneが14cmなので長さだけ見ればスマホより小さいです。

ソニー NEX-7 正面のサイズ

厚さは5cmほど。小さいバッグにも入れられます。

ソニー NEX-7 上面のサイズ

重さは約340gと軽め。

ちょっとした散歩など気軽に持って行けるのが良いです。

ソニー NEX-7 重さ343g

巷でも軽いカメラは使いやすいという声が多いですね。

バッテリー・SDカード

底面のフタを外すとバッテリーとSDカードが収納されています。

ソニー NEX-7 バッテリーSDカード搭載箇所

バッテリーはこちら

型番:NP-FW50(7.7Whmin)

ソニー NEX-7 バッテリー NP-FW50

メリット

私が感じているメリットはこちらです。

  • シックな黒色がカッコイイ
  • コンパクトでバッグに入れやすい
  • 軽いから持ち運びに疲れない

一眼レフカメラだと重くて大きいので気合いを入れて持っていく感じありますが、ソニーNEX-7なら子供と散歩に行く時など気軽に持っていけます。

デメリット

唯一デメリットと感じているのは一番小さい画像Sサイズにしても容量が大きくなるところですね。

ソニー NEX-7 モニター画面

撮影した写真容量は1枚1MBぐらいになります。

そのままブログにアップすると重くなるので、いちいちリサイズするのが不満点ですね。

私以外でも扱いに困っている人がいました。

とはいえ、リサイズすればいいだけなので慣れたら気にならないかなという感じです。

ソニー NEX-7とNEX-6を比較してみた

前モデルのNEX-6と比べてどう変わったのか。

それぞれの違いを比較してみます。(仕様がかぶるところは省きました)

  NEX-7 NEX-6
画像素子 有効約2430万画素 有効約1610万画素
ISO感度 最高ISO感度16000
ISO AUTO(100-1600)
最高ISO感度25600
ISO AUTO(100-3200)
AF方式 コントラスト検出方式AF ファストハイブリッドAF
操作性 トライダイヤルナビ モードタイヤル
コントロールダイヤル
クイックナビ
オートポートレート
フレーミング
非対応 対応
全画素超解像
ズーム
非対応 対応
Wi-Fi 非対応 対応
静止画
撮影枚数
ファインダー使用時:約350枚
液晶モニター使用時:約430枚
ファインダー 使用時:約270枚
液晶モニター 使用時:約360枚
動画撮影時間
(記録画素数)
ファインダー 使用時:約90分
液晶モニター 使用時:約100分
(1920×1080 約17Mbps)
ファインダー 使用時:約90分
液晶モニター 使用時:約100分
(1920×1080 約17Mbps)

こうやって比較してみると、NEX-7の大きなアドバンテージは有効画素数と撮影枚数が向上したことですね。

ISO感度はグレードダウンしていますが、ISOを上げすぎてもノイズがちらつくだけなので、ここは気にしていません。

NEX-7のAF方式はAF精度の高いコントラスト検出方式AFなので、AF速度は遅いと思います。

静止画はOKですが、動きの速いものを撮るのは苦手な感じです。

それに比べて、NEX-6はファストハイブリッドAF方式を採用。

コントラスト検出方式と、AF速度が速い像面位相差検出方式の良いところを持っていますので、動きのある被写体にも強いかなと。

あと、NEX-7は個人的にWi-Fi対応してほしかったですね。

今考えると画素数にそこまでこだわっていないので、NEX-6の方が良かったかなとも思います。

オールドレンズ撮影に最適なカメラ

ソニーNEX- 7に限らずNEXシリーズならすべてに言えますが、いろいろなオールドレンズ撮影を楽しむことができます。

というのも、NEXシリーズはオールドレンズの各種マウント用アダプターの種類が豊富だからです。

このオールドレンズ使いたいって思っても手元にあるカメラにアダプターがなければ何もできないんですよね。

NEXシリーズはそういう心配がほぼないので安心です。

これはロシア製レンズ「VOLNA-9 50mm F2.8 MACRO」とM42アダプターを使って合体させています。

ソニー NEX-7 オールドレンズ ロシア製 VOLNA-9 50mm F2.8 MACRO 装着

このレンズはロケットをイメージしているのもあって迫力ありますねw

絞り羽根が星型になるのでイルミネーションを撮るとその光が星になるので面白いです。

ソニー NEX-7 オールドレンズ ロシア製 VOLNA-9 50mm F2.8 MACRO 撮影

こういう撮影ができるのもこのカメラならではなのかなと思います。

私以外の方もこんな感じでNEX-7とオールドオレンズを組み合わせて楽しんでいますね。

https://twitter.com/BzOrbea/status/1093552879997116423

良い感じのボケ感です。猫の毛の感じもいいですね。

 

これはライカ系のレンズだと思いますが、デジタルとアナログの融合感が何ともいえないぐらいカッコイイです。

私も次はライカなど他オールドレンズをAmazonで物色したいと思いますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です